読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者のんきぶたブログ

普通って何だろう??普通になりたい21歳の雑記です。

挫折したまま生きてる気がする 体調の変化

日があいてしまいましたが、書いてみます。

 

空白の期間

私は病気をもっています。病名や症状を書くと身バレの危険があるのでやめますが、

24時間テレビのコーナーで取り上げられたこともある珍しい病気です。

完治はしないので、経過観察して悪化したら治療の繰り返しですが、

昔と比べたらほぼ完治したといえるくらいによくなりました。

 

最初症状が出たのは3歳のときでした。

小児科の先生に診てもらって、ある大きな病院の紹介状を書いてもらいました。

f:id:nonkibuta:20170222004927p:plain

 総合病院で、そこのとある科にかかることになりました。

小児科で診てもらったときもはっきりと病名は分からないとのことでしたが、

ここでも病名は教えてもらえませんでした。というか分からなかったみたいです。

処方された変な色の塗り薬のせいで、患部が不気味な色に染まっていたので、

そこを見られると、何それ気持ち悪い!と容赦ない言葉をかけられることもありました。

変な色の薬を患部に塗りつづけ、マズイお薬を飲み続けていたら、いつの間にか

私は小5になっていました。

 

病院へは定期的に通っていましたが、その日はいつもの先生の休診日でした。

 そこで違う先生が登場し、私の病状を診るなり顔が険しくなりました。

 

「これは、違う科のほうが良いですよ」

 

どうやら、長い間誤診されていたみたいでした。

f:id:nonkibuta:20170222010332p:plain

そのあと、今も診ていただいている先生と出会い、テンポよく手術の話が進んだので

私も親もモヤモヤが解けてスッキリしたはずです。

 

診察でモヤモヤしたことといえば、造影剤を使ってMRIを撮るうえで、万が一死ぬことがあるかもしれないと話を聞いた日に。

たまたま医学生が見学?研修?に来ていたことがありました。

f:id:nonkibuta:20170222011346p:plain

怖すぎて部屋から出た後大泣きしました。

医学生でいっぱいの中での診察は、あれが最後だと思いたいです・・・。

 

考え込み病

これはいじめ事件と同時進行のお話なのです。多感な少女だった私は色々考えこむようになりました。

思春期に入るまで、謎の万能感があったので病気のことはさほど気にしていませんでした。

毎日楽しくて悩む暇がなかったのですし、何か言われたときしか病気のことは考えていなかったと思います。

 

ところがいじめを受け、それと同時期に病名を告げられ、本格的な治療が始まり、

私は普通じゃないんだな。 

ということに気付き始めたのです。

一回の手術での入院期間は10日間程と短いですが、退院しても生活に支障をきたす

感じだったので、

f:id:nonkibuta:20170222012952p:plain

こんなふうに思うようになりました。

普通じゃない。その自覚で、今までできていたことが難しいと感じるようにも

なりました。

 あの頃の自分に、もう少し大人になれば落ち着くから、難しく考えすぎるな!と言ってやりたいけど。

当時の自分には大きな悩みの一つになっていました。