読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者のんきぶたブログ

普通って何だろう??普通になりたい21歳の雑記です。

バスの中から見た学生さん

私は通勤にバスを使っています。

バスの中から、外を歩く人を見るのが好きです。

f:id:nonkibuta:20170518020122j:plain

制服姿の学生たちもたくさんいて、眠たそうな面倒そうな顔をしている子や

友達と楽しそうに笑いながら歩く子、それぞれの朝って感じです。

 

母校の生徒が歩いていくのを見ていると、その中に、

私が学生だった当時の同級生が、記憶のままの姿で紛れ込んでそうな気がするのです。

f:id:nonkibuta:20170518020101j:plain

高校の頃、友達と呼べる人がいなかったので、卒業してからもクラスメイトと

連絡を取ることはありません。正直、名前も忘れかけています。

でも、、数年前と同じように、普通に登校していそうな気がします。

 

私には親友と呼べる人がいません。唯一いるのは幼馴染で、最近は半年に一回ほど

軽く遊ぶ限り。その間に、どんどん大人になっていくな、と思うこともあるし、

変わらないな、と思うこともあります。

小学生で人間不信になりかけ、中学で本格的に不登校になった私は、

思春期に人間関係の築き方を学ばず大人になりました。

高校では、ほとんど感情をなくしていましたが、そのおかげで3年生時は皆勤賞を

とることができました。

中学の同じクラスだった子から見ると、悟りを開いているように見えたそう。

教室移動、お昼、一人でも全然平気。一人が当たり前になっていました。

 

中学の頃、体育の自由時間のとき、一人で座り込んでいたら

色々話しかけてくれた女の子がいました。

f:id:nonkibuta:20170518021403j:plain

「もっとみんなで話そう」「もっと楽しもう」「中学時代は今しかないよ」

言葉ははっきり覚えていませんが、だいたいこんな内容だったと思います。

私の将来を見かねて、言ってくれたのでしょう。

「は、はあ・・・」みたいな気持ちで聞いていました。

今の私が中学生の自分に何か言うとしても、同じことを言うと思います。

私はいつも気づくのが遅いです。

f:id:nonkibuta:20170518021831j:plain

卒業するときや、仕事を辞める人を見送るとき、

「もうこの人とは一生会うことはない」と思うと、急に、惜しい気分になります。

この人の記憶の中では、のんきぶたは暗い人。この先、もし私を思い出すことがあれば

ずっとそのイメージのままなんだな・・・と思います。

 

学生たちには、そんな後悔のないように毎日過ごしてもらいたいですね。