読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者のんきぶたブログ

普通って何だろう??普通になりたい21歳の雑記です。

今の彼氏と出会うまで Yさんとの話①

今の彼氏に出会うまでの紆余曲折

こんなの見られたら大変なことになってしまいますが・・・。時効だと思うので。

 

高校生のとき、初めて付き合った彼氏。

付き合うというか、今思えば私が勝手に彼氏にしていました。

出会いは高3の夏、某掲示板経由の出会いにハマっていました。

そういうのにハマったきっかけも今度書きたいですが、

高2の冬休み中 ユーミンを聴いたのが大きな原因です。(いずれ書きます)

 

進路はFラン私大で推薦だったので、勉強は適当で、暇なときに

友達募集スレで募集をかけていました。

 

17才 ♀

音楽好き 食べるの好き ゴロゴロするの好きです。

仲良くなったら一緒にカラオケ行きたいです。

こんな感じの文章でした。17ではなくて  と表記するのがポイントです。

 

しばらくすると、ポロポロとメールが届きます。

f:id:nonkibuta:20170506195513j:plain

夏休み真っ只中だったので、たくさんメールできました。

中でも、Yさんという男の人と話が盛り上がりました。

住んでいる場所が割と近いこともあり、駅近くの大きな公園で待ち合わせてカラオケに行くことに。

 

めちゃくちゃ暑い日でした。

公園につき、遠くからそれっぽい人を探しましたが、緊張でよくわからず。

ベンチに腰掛けて、汗だくの手でメールを打ち、自分の服装を伝えました。

 

すると、前から地味な男の人が歩いてきました。

f:id:nonkibuta:20170506200212j:plain

この人がYさん(自称24)でした。

24にしては地味だと思いながら、少し話して、カラオケへ入りました。

カラオケの中のひんやり感も忘れられません。

 

とても地味な彼が最初に歌ったのは

f:id:nonkibuta:20170506200732j:plain

この曲でした。

そして、健全に3時間ほど歌い、その後歩きながら

「休憩する?」

と言われ、向かった先はミスタードーナツ

音楽の話をして、その日は帰りました。

 

初めて異性とデート的なものをした私は、すっかり浮かれてしまい、

帰宅後にメールで、付き合いたいです と送ってしまいました。

 

Yさんは戸惑ったような返事でしたが、最終的にいいよ、と許可をくれました。

 

つづきます。